多摩ダイアリー

東京都下の多摩地区を中心に、おいしいもの、気になったこと、イベント情報などを記録します。

スポンサーリンク

【千秋庵】ノースマンという北海道札幌の銘菓

北海道のおみやげをいただきました!
札幌の千秋庵「ノースマン」、地元の人にも人気があるそうですが、わたしは初めてです。

f:id:mizuho000:20171024202002j:plain

東京の北海道物産展では見たこと無いような。。。

つい北海道のお菓子といえばロイズのチョコレートや六花亭のマルセイバターサンドなどを思い浮かべますが、
この「ノースマン」もとても有名だそうです。
レトロなパッケージがかわいくて、歴史のあるメーカーなんだろうなとしみじみいただきました。


北海道銘菓「ノースマン」を食べてみました!

開けてみるとバターの甘い香りが広がります。
薄いパイ生地に小豆が入っている素朴なお菓子。
東京で言う中村屋の「うすあわせ」を思い出しましたが、それよりも大きくて重い!

f:id:mizuho000:20171024202133j:plain

パイ生地がとても薄いのに、バターの味がしてしっとりしています。
パイ生地は百層以上に折り重ねているそうです。
その中にあんこが隙間無く入っていてずっしり。
粒あんかと勝手に思っていましたが、さらりとしたこしあんです。
北海道産の小豆を使っているからか、甘味もあるのに小豆の味もしっかり。
すごい満足感!
カロリーが着になるところ。。。

昭和49年に販売されてからずっと愛されている人気のお菓子です。
開発のヒントになったのは横浜市の中華街で売られていた「パイまんじゅう」。
当時パイ生地と北海道を代表する餡を使用して和洋折衷なお菓子を作ろうと「ノースマン」が生まれたそうです。
他にもカボチャ味や抹茶味があるそうでとても気になります!


戦前から続く北海道「千秋庵」にいつか行ってみたい!

創業の1921年!
本店の喫茶ではソフトクリームが人気のようです。
代表的な洋風おせんべい「山親翁」が付け合わせになってるとか。

1918年(大正7年)に国内ではじめてチョコレートが製造された時代。
千秋庵では札幌で初めてのスイートポテトやシュークリームなどを発売し、人気店になったそうです。
「山親翁」「原始林」「小熊のプーチャンバター飴」など懐かしいパッケージのお菓子が今も人気。

また、千秋庵の店頭に井戸を掘って汲み上げた水をサービスしたというのにはビックリ!
約90mの深さからくみ上げた水を無料で飲めたそうです。

北海道札幌の「千秋庵」、行きたいお店がまた増えました。

スポンサーリンク