多摩ダイアリー

東京都下の多摩地区を中心に、おいしいもの、気になったこと、イベント情報などを記録します。

スポンサーリンク

【タカセ】池袋で昭和のなつかしいパン

タカセという、池袋の老舗パン屋さんに行ってきました。
1階にはパンやケーキ、アーモンドチュイルなどの焼き菓子の販売、
2階にはモーニングがいただける喫茶、
3階には日替わりランチが820円のレストラン、
9階には見晴らしのいいコーヒーラウンジが入っているタカセビル、
クリームパンと、ベーコンチーズを購入しました。

f:id:mizuho000:20170725124243j:plain

パッケージの昭和感がたまりません。
一年くらい前まではビニール袋には入っていなくて、
トングでトレーにのせて、レジで袋に入れてもらうシステムでしたが…
今回はドーナッツやあんパンなどもすべて袋に入っていました。
お店のドアはほとんどオープン、
わたしが行ったときも外国人の団体さんで店内はいっぱい。
衛生上の理由かもしれませんね。

f:id:mizuho000:20170725124636j:plain

  • 「ベーコンチーズ」

ボリュームがあります!
小さく切られたカリカリのベーコンとチーズが、お総菜パンの王道という感じです。
ケチャップがたっぷり塗られています。
パンがわりとしっかりしているので、
ケチャップの塩気にも負けていません。
ベーコンの配分もいい感じです。
女性ならこれ一個で満腹になるかもしれません。

  • 「クリームパン」

クリームパンは、昭和のパン屋さんでは必ずといってもいいほど購入します。
予想通り、パンもクリームも柔らかく、まったりしています。
甘さもちょうどいいです。
濃いめのアイスコーヒーといただくのが大好きです。

老舗タカセの創業は大正8年!

タカセはいつからあるんだろう?と思っていたら、
なんと大正8年からだそうです。

f:id:mizuho000:20170725133146j:plain

パンの製造販売から始まったようですが
昭和10年には
パン・洋菓子の製造販売と共に森永チェーンとしてレストランを経営が始まります。
しかし昭和20年に東京大空襲によって池袋が焼け野原…一時休業するも、
その1年後の昭和21年「森永」の名称でパン菓子の製造販売と喫茶を営業開始。
後に商号を「タカセ」に変更。
森永から離れ、独自の営業方針により、洋菓子・パンの製造販売、レストラン経営、今に至るそうです。

ちなみに「タカセ」の由来は、
初代森茂吉の出身地が現在の香川県三豊市高瀬町であったことから。

池袋本店以外にも、

  • 巣鴨店
  • 板橋店
  • 南池袋店
  • 東池袋店

とお店があるので、昔ながらのパンや洋菓子が好きな方におすすめです。


タカセ池袋本店

〒170-0013
豊島区東池袋1-1-4
電話:03-3971-0211(代表)
JR・地下鉄池袋東口前

スポンサーリンク