多摩ダイアリー

多摩地区在住の30代。パンが大好き。おいしい日常を記録します。

スポンサーリンク

【Bull Pull(ブルプル)】国立市にタピオカ専門店がニューオープン!

2019年6月7日追記です。

f:id:mizuho000:20190607193644j:plain

並んでやっと購入できました!
「Bull Pull(ブルプル)」は初めてだったので一番スタンダードなミルクティーにです。
国立店のオススメは黒糖ミルクティーと言われたので悩みましたが、、
サイズはLサイズ、甘さはオススメにしました。

甘さは下記から選べました。

  • 無糖
  • 微糖
  • オススメ
  • 甘め

飲んでみると、タピオカは柔らかめかも?
弾力はあるけど食べやすい!
タピオカを増量しようか悩みましたが、デフォルトの量でたっぷり入っているので大満足でした。
おいしい!
並んでいる人の中にはスタンプカードを持っている人もちらほらいて、すでにリピーターが多いようです。

f:id:mizuho000:20190607194119j:plain

小さいカウンターに5人くらいの従業員がいて、若い女の子達は初めてのアルバイトかな?という子が多かったです。
メニュー、、と言ってメニューを差し出されたり、がんばれー!と思いました。

わたしもスタンプカードを作ったのでまたリピートしたいです。

タピオカをナタデココに変更できるサービスに笑ってしまいました。
今度頼んでみようかな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国立に新しいタピオカ専門店がニューオープンしました。

f:id:mizuho000:20190604154822j:plain

2019年5月30日にブルドックのロゴがかわいい「Bull Pull(ブルプル)」です。
タピオカ専門店は近隣だと国立の「クレディ」や立川の「ゴンチャ」「チャタイム」が人気ですが、
「Bull Pull(ブルプル)」は国立駅ナカnonowa国立、ちょうどアントルメ国立の裏側にオープンです。

タピオカ専門店「Bull Pull」国立にニューオープン!

もともと都内で複数店舗展開している「Bull Pull(ブルプル)」は店舗によってコンセプトが違います。
中でも人気なのは吉祥寺店と渋谷店。

f:id:mizuho000:20190604160647j:plain

「Bull Pull(ブルプル)吉祥寺店」は黒胡麻や黄粉を使った限定商品も豊富で、ついオーダーで悩んでしまうラインナップが魅力です。
「Bull Pull(ブルプル)渋谷ヒカリエ店」はタピオカドリンクスタンドのためにメニューは少ないですが、
使用するお茶にはこだわりがあります。

Bull Pull(ブルプル)ノノワ国立店はドリンクスタンド形式のお店ですが、吉祥寺店並みに種類が豊富!
まだオープンしてから1週間弱、今も行列が続いているようです。
お値段は350円からとタピオカドリンクにしてはお手頃かな?
甘さや氷の量もオーダーできました。
時間を見つけて並びに行きたいと思っています!


Bull Pull(ブルプル)ノノワ国立店

東京都国立市北1丁目14−1
アクセス国立駅から徒歩1分
営業時間10:00~21:00
定休日・施設に準じる

スポンサーリンク