多摩ダイアリー

東京都下の多摩地区を中心に、おいしいもの、気になったこと、イベント情報などを記録します。

スポンサーリンク

【2019年第61回立川まつり国営昭和記念公園花火大会】見どころ穴場まとめ

立川の花火大会、毎年恒例の昭和記念公園での開催です。
2019年の今年で61回目、令和元年記念すべき一回目でもありますね。

今年の開催は2019年7月27日(土)、
開始時間は19時20分~20時20分です。
場所は昭和記念公園みんなの原っぱ(住所・東京都昭島市郷地町3-1)

f:id:mizuho000:20190415234334j:plain

2018年の花火大会は中止になりましたが、、
最終的には11月秋に開催され、とても話題になりました。
秋の花火大会も風情がありましたね。
(雨天の場合は翌日同時刻に順延との発表でしたが、結局台風で中止、秋開催という異例の事態でしたね)
2019年はどうなるのでしょうか?

毎年約5000発の花火が上がるので、多摩地区の住民はもちろん、
都心や埼玉県などから出かける人が多く、規模の大きな花火大会です。

2018年はは隅田川花火大会と同じ日程でしたが、2019年はどうなのでしょうか?

有料の観覧席が発売されたりするので
せっかくの日本の文化なのでいい場所で見たいですよね。
立川まつり国営昭和記念公園花火大会の穴場スポット、まとめてみました。


 

国営昭和記念公園花火大会の場所は?

国営昭和記念公園「みんなの原っぱ」

最寄り駅は、JR西立川駅です。
中央線から南武線に乗り換えて西立川駅に行くのが少し手間ですが、、
実際には毎年大混雑!
JR西立川駅よりも規模の大きいJR立川駅を使うようにアナウンスがあります。

JR立川駅から歩くと昭和記念公園の入口まで徒歩15分くらいかな?
入口から「みんなの原っぱ」まで10分くらいです。
少し距離はありますが、乗り換えなどを考えても立川駅からの方が断然安心です。
西立川駅は小さいのでホームから溢れるくらい混み合って長蛇の列になり危険です。
立川駅には「花火大会はこちら」というような案内が駅構内や駅周辺にも大きく張り紙や垂れ幕?が出るので、道に迷うこともありません。
西立川駅よりも立川駅の方が規模も大きくいろいろなお店もあるので、飲み物や軽食を購入していくのも良さそうです。
駅ナカ、駅ビルには、「ルミネ」「グランデュオ」「ecute」があります。
また駅前には「伊勢丹」「高島屋」があるので買い出しには困りません。
日中から場所取りする場合は熱中症にも気をつけてください。
近年は原っぱにテントを張るファミリーもよく見かけますが
花火大会当日はどうなのでしょう?


花火が見える場所、穴場スポットは?

子供のころから何度も昭和記念公園花火大会に通っているので、地元民が知るスポットをまとめておきます。


公園内「みんなの原っぱ」

打ち上げ場所は1番近くで見れるのでおすすめです。
しかしとにかく混み合います!すごいです。
通常昭和記念公園は入場料410円、子供80円ですが、
花火大会当日18時からは例年無料解放されています。
そして18時以降は本当に混み合います。
お昼くらいからお弁当やら持ち込んでレジャーを楽しむのも良さそうです。

また、有料席も販売されるのでカップルのデートや、どうしても座って見たいということだったらチケットを購入するのもおすすめです。
実際に友人カップルはよく指定席を取って花火大会を楽しんでいます。

2018年の花火大会でも有料観覧席が販売されました。
例年席の種類は3種類。
参考までに記載しておきます。

レジャーシート付チケット(0.9m×1.6m)・2名・6000円
イス席チケット・1名・4000円
団体シートチケット(5m×5m)・10名・40000円

団体シートチケットも販売されたようですね。
一昨年から少し値上げされていますが、席が確保できているって
やはり安心なのでぜひ参考にしてください!


「IKEA立川店」周辺

IKEAの真横には小さな公園があったり、
すぐ近くには小さな芝生があったりするので、
花火を見るのにピッタリです。
昭和記念公園との距離も近いですね。

IKEAの中のレストランには大きな窓があって見晴らしはいいです。
レストランから花火が見えるかな?と思いましたが、残念。
窓はモノレール側にしかないので、花火を見るのは難しそうですね。

また、IKEAの駐車場から見えるかなと思いましたが、
なんと花火大会当日は駐車場はすべて閉めきるそうです。
残念すぎますが仕方ないですね。。


ららぽーと立川立飛

多摩都市モノレール「立飛(たちひ)」直結の「ららぽーと立川立飛」の2Fは穴場スポットとしてオープンしてから人気です。
2Fの入口前はちょっとした芝生になっていて、
タワーレコード主催のプチライブをやっていたり、小さな噴水で子供たちが遊んでいたりする、のどかなスペースです。
ここからは花火がよく見えます。

フレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)」にもテラス席があり、運良く席が確保できたら最高の観覧席ですね。

さらに!
3Fのフードコートは大きな窓があり開放的ですが、それがちょうど昭和記念公園の方向にあります。
フードコートも広いので、涼しい室内をこだわる人にはオススメです。
ちなみに営業時間は、10:00~21:00(ラストオーダー20:00)

f:id:mizuho000:20180726163318j:plain

2018年の花火大会当日はフードコートの利用制限があったので席取りを考えている人は注意です。
去年はフードコート内に張り紙(ポスター)が掲示されていて、席の利用は最大二時間まででした。
当日は混みあいそうですがマナーを守って楽しむようにしましょう。


国立極地研究所

昭和記念公園の東側にある「国立極地研究所」付近は本当に穴場です。
なんと1km圏内という近さですが本当に地元民しかいない雰囲気!
住所・立川市緑町10-3
立川市役所や東京消防庁立川都民防災教育センターの近くです。



「高島屋立川店」 屋上 ビアガーデン

毎年、花火大会当日の席が抽選販売されます。
花火大会に一番近いデパートの屋上でビールを飲みながら花火!
こちらは例年大人1人4000円、オードブルと飲み放題のセットです。
例年7月に入った頃から抽選販売用のハガキが設置されます。
住所や氏名を書いて、店内の応募ボックスへ投函後、当選者に連絡があるそうです。
実はわたしの友人も少し前にこちらで鑑賞したそうで、すごく気持ちよかったと言っていました!

 

「玉川上水駅周辺」

昭和記念公園からは少し距離がありますが、地元の人たちが穴場にしている場所の一つです。
立川駅周辺に比べて人混みも少なく、ゆっくりと見ることができます。
駅前にはコンビニもあるので、飲み物やちょっとした食べ物も購入できるので便利です。


「イトーヨーカドー東大和店」屋上駐車場


こちらは例年花火大会当日に屋上を開放してくれるそうです。
トイレの心配も無いし、ジュースやお菓子、軽食などすぐ購入できるのも嬉しいですね。
こちらは無料解放とのことなのでそれも嬉しい!

 

バーミヤン立川駅北口店

昭和記念公園のあけぼの口の目の前にあるバーミヤン、公園側のテーブルの窓際が穴場スポットなんです。
近いし、座れて、料理も頼める!
ただ席が埋まってしまう可能性が高いので要注意です。

 

昭和記念公園「砂川口」「昭島口」

公園内は本当に広いので入口、出口が複数あります。
都心から来場する人は立川駅が一番使いやすいですが、
JR青梅線を使う人は「昭島口」、
多摩モノレールを使う人は「砂川口」を使うのも穴場なんです。
帰りもこちらは「立川口」「西立川口」ほど混雑せず、おすすめです。

花火大会当日はとにかく道が混雑し、ほとんど車が動かないと聞きます。
昭和記念公園は広いのでいくつかの入口があり、電車で行く方がおすすめです。

<あけぼの口>

JR中央線・立川駅より約10分
多摩都市モノレール・立川北駅より約8分

<立川口>

JR中央線・立川駅より約15分
多摩都市モノレール・立川北駅より約13分

<西立川口>

JR青梅線・西立川駅より約2分

<昭島口>

JR青梅線・東中神駅より約10分

<玉川浄水口>

西武拝島線・武蔵砂川駅より約25分(残堀川緑道経由)

<砂川口>

西武拝島線・武蔵砂川駅より約20分


JRを使う人はちょっと遠回りにはなりますが、
人混みの量は結構ちがうのでお試しください!

 2019年第61回立川まつり国営昭和記念公園花火大会、とても楽しみです!

スポンサーリンク