多摩ダイアリー

東京都下の多摩地区を中心に、おいしいもの、気になったこと、イベント情報などを記録します。

スポンサーリンク

【ウドラ】立川市のゆるキャラは「くるりん」だけじゃない

立川の公式キャラクター「くるりん」
立川駅の改札を出てルミネ側、ロータリーのすぐ左に大きなウサギのキャラクターがいます。
これが「くるりん」!
頬っぺたの渦巻きがかわいいです。


2012年に立川市が公募を行い、全国から179作品の応募があったそうです。
ただ「くるりん」はその中の作品ではなく、すでに活動をしていた実績があり、声をかけられて参加をしたそう。
そして市内での投票により見事選ばれたのが「くるりん」だそうです。
デザインされたのは立川市在住のデザイナー、鳥澤安寿さん。

くるりんは・・・
ふゆにうまれたうさぎのこ
はるになってすあなのそとにでてみると、
ほわっとしっぽがさいた(こぶしのはなににているね)
しっぽをよくみようと、
みぎにまわったりひだりにまわったりしてるうち、
ほっぺがうずまきになったよ
みんなから「くるりん」とよばれるようになりました
それからたちかわをげんきにはしりまわっているよ
だけどみんなともっとなかよくなりたくて、
くるりんバスからとびだしてきたんだ

なんとバスから飛び出してきた設定なんですね。
状況がよくわかりません笑。
なんだかコネ入社みたいな感じですが、やっぱりかわいいですね。


そしてわたしはが「くるりん」より気になっているのが…
「ウドラ」です!

ウドラは東京都立川市のオリジナルキャラクター公募に応募する為につくりました。
「市民の立川愛が特産品の立川たちかわうどを突然変異させ、怪獣ウドラが誕生!」
市をアピールするキャラクターだった特産品をモチーフにしようと思い、
立川うどを怪獣化したキャラクターにしました。
無事一次審査を通過して候補作9作品の一つに選ばれ、
市民投票の結果2位になりました。
残念ながら1位にはなれませんでしたが、一般応募作品の中では一番成績がよかったので
秋の楽市2012で選定委員会特別賞をいただきました。
そんなウドラが立川市公認なりそこねキャラクターとして再び現れ、
皆様に愛される事ことで成長しております。
ありがとうございます。
今後ともご声援よろしくお願いいたします。
(ウドラをつくったひと)

一般公募では1位ということで特別賞をもらえたみたいですね。
よかった!笑

立川のケーキ屋さん「エミリーフローゲ」には「くるりん」サブレが販売されています。
「エミリーフローゲ」にはいろいろなクッキーがありますが、
こちらはかわいい上においしくて、大きめ。
とてもおいしいです。
やっぱり公式キャラクターの扱いは違うなあと思っていたら、なんと!
立川の和菓子屋さん「立川伊勢屋」で「ウドラ焼き」なるものが発売されました。
「ドラ焼き」にかけて「ウドラ焼き」!

f:id:mizuho000:20170621221939j:plain

さっそく購入♪
こうやって地元で息が長いお菓子屋さんとコラボレーションするっていいですよね。
日本テレビの「よじごじ」でも紹介されたみたい。

立川市内の「伊藤養鶏場」さんの卵を100%使用しているそうです。

スポンサーリンク